こんな事で仕事受注が出来た、1例をご紹介

何でも真面目さと人柄です

haizet

配送の仕事は人間嫌いの人も多いが人間性を生かした
業務受注も時には起こりえます。

元々は元請会社の業務を受けて青果市場での荷受、店舗
への配達という仕事をしていました、次第に市場の方と
世間話や仕事の話などを行ううちに他の業者の方などと
お話をするようになりました。

話の中で「この仕事が終わった後に1時間程度の余裕がある」
という内容の事を話しているうちに「だったらうちの1件だけ
配達してくれない?」といった話になり、とうとう市場内の
数件を受け持つ事となったという事例もあります。

当然、元請など通さずに直接の業務請負となり元請への手数料
なども発生しない契約となった訳です。

所属会社にも寄りますが約10%〜20%は元請が手数料を
取るのが普通です。

それを自家受けする事で手数料を収めなくて良いと
なれば丸々自分の収入として得ることが可能です。

市場の方などは人間性に富んでおり人間関係良好化
により仕事を与えてくれたりしてくれます、また立場
なども考慮してくれる面もあるので直接契約もすんなり
してくれたのでしょう。

こんな事例もあります、アルバイトを探している時に
配送の仕事があり、面接で軽配送の仕事をしていると
伝えるとアルバイトではなく委託でやりましょうという
事になり仲間数人でその求人を委託という形態で埋めて
しまったという事。

普段からヒントはたくさん転がっていると思われます
自分の所の社員ドライバーを遣うより安い経費で抑えられる
という提案が出来れば受注の可能性は高まります、アルバイト
求人から探すことも市場で探すことも街中の商店から
探すことも出来ると思うのです。

私は身体の不調時や何かあった時の事を考えて直接請負は
避けておりますがこの業界で大きくなろうとしたらやはり
直受けを狙い法人化していく事が一つの目標となるのでは
ないでしょうか。