軽運送業の労災に加入した方が安心です、怪我の可能性が高い配送の仕事

怪我の危険のある配送業務

haizet

労災と聞くと会社が加入しているイメージがあり個人での
加入はイメージしにくいと思います。

しかし軽運送業では「軽運送労災防止組合」という
団体が国の許可の下運営している労災があるのです。

会社員時代の労災と適用要件は一緒で
・業務上の負傷
・業務上の負傷等による休業補償
・障害が残ってしまった時の一時金
・死亡時の家族への給付
などが主な保険給付対象となります。当然ですが労働基準監督署
が請求の審査をし問題なければ支払われるというもの。

保険料は下記の通り(直近の情報は必ずご確認ください、また
私は加入しておりますが宣伝などの類ではなく情報として記載
しました。)

給付基礎日額により保険料が変わってきます。
日額10000円の給付の場合  月割5,259円
日額8000円の給付の場合  月割4,407円
日額6000円の給付の場合  月割3,555円
日額5000円の給付の場合  月割3,130円

死亡時などの詳細は組合にご確認ください。

・軽運送労災防止組合
 TEL:045-865-9290
 Eメール:rousai@asisuto1.com

自動車の運転や配送の仕事はいつどんな時に事故に遭い
怪我をするか解りません。

階段から落ちたり、つまずいて骨折したりと予期せぬ
事態が考えられます。

会社員なら休んでも給与は支払われますが自営業ですから
怪我をしたら収入が途絶えてしまいます。

そんな事態に備えて労災に入っておく事を
お勧めいたします。