自営業者は税金対策でなんとか手取りを増やしたい

車両関連以外でも経費扱いできます

haizet

自営業者の特権的な事かもしれませんが様々な工夫で
税金対策は可能です。

あくまでも合法であり脱税などしてはいけませんが
意外に周りのドライバーは対策をしていないので
あえて記事にいたしました。

開業届けを出す際に駐車場と休憩所は自宅で申請すると
思います、当然ですがその分は経費になります。

家賃の一部、水道光熱費の一部など経費として扱う
事が可能です。

こういった経費扱いに出来る事は本当にたくさんあるのです。

ビジネスに関する書籍、文具、作業着、靴、パソコン、携帯
など全て経費扱いになるのです。

すぐにお金が戻ってくるわけではありませんが確定申告に
おいて経費とすると年間の収入からこの経費は引かれます。

すると年収によって変動する所得税や市民税、国民保険など
様々な支出が翌年に影響してきます。

一年間は辛抱かもしれませんが翌年から税金などが下がって
くるのでそういった経費対策は必ず必要です。

しかし冒頭で書きましたがこうした対策をしていない方が
本当に多い、白色申告の方も多いですし税金などの工夫次第で
手元に残る金額も相当違ってきますのでぜひあなたは開業する
際は経費になる支出をしっかり調べて対策をしてください。

ちなみに会議費や福利厚生費にお菓子や飲料も認められるのですよ
こうしたヒントは探せばまだまだありますから。