開業後は税務署へ開業届け申請もした方が良い!しない人も多い

基本は税務署へも届けるべき

haizet

加盟した企業で軽貨物運送業の開業届け提出は伝えるが
税務署への届出については特に触れてこない。

加盟企業にとっては業務を関係ないし個人の責任で
行い事なので触れて来ない。

しかし軽貨物運送業は自営業であり税務署への届出は
必要なこと。

先輩ドライバーに聞いても「そんなの行っていないよ」
という人も多いが基本は行かなければならない。

開業後3ヶ月以内に届出する事がのちのちに有利になる。

それは確定申告時の青色申告が可能という事、届出を
せずに確定申告を行うと基本は白色申告となり控除金額が
大きく変わってくる。

青色申告の基本控除は65万円、白色申告は10万円と50万円
も控除金額に差が出てしまう。

青色申告は難しいと思うかもしれないがソフトも多数出ており
決して難しい事ではない。

複式帳簿使用という事だがソフトで十分に可能、複雑な会社
では管理が大変だが軽貨物運送では経費はさほど分類する必要
もないし専門的な知識はさほど必要がない。

税務署へ届ける時にはぜひ青色申告を選択して控除金額を
有利にするよう挑戦していただきたい。