軽貨物運送業で独立開業するには

他業種の独立と比較して

haizet

独立開業というとかなり資本金の問題が大きな障壁と
なります。ましてやリストラや早期退職などで仕事探し
をしている訳ですからあらかじめ資金を準備していた
なんて事はまれだと思います。

というより「より少ない資金で仕事をしたい」という
のが正直なところではないでしょうか・・・。

コンビニ経営では最低300万円は必要ですし飲食店では
1千万円以上必要でしょう、では軽貨物運送業開業では
どの程度の資金が必要でしょうか。

私の開業時の内訳を参考に見てみましょう。

・中古車両:25万円(三菱ミニキャブ4年落ち9万キロ)
  2人乗り(4人乗り)最大積載量350kgの車両に限る
・運搬用台車150kg:12000円
・ポータブルナビ:29000円
・ETC装着:10000円
・スモークフィルム:2800円
・地図2冊:5000円
・荷台用ベニア板:300円
・開業時届出用紙:25円
・ナンバー代:2500円
・住民票:400円

合計:312025円

その他に印鑑やボールペンなどの筆記用具などは
あるものを使用。

車両購入費で変化しますがだいたいこの程度で
開業できます。

いかがでしょうか? 大きな資金は車両程度で
既に軽自動車でワゴンタイプの車があれば即開始
する事が可能です。

大きな資金が必要ないということは失敗のリスクも
低減出来るという事です。

ただし大手のFCに加入となると数十万円の加盟料や
車両購入なども強制させられるので200万円前後と
聞いています。

がそんな事をしなくても開業は出来ますので
ご自分で手続きして経費を抑える事をお勧めします。

デメリットは逆に低資金という事は誰でも始められる
という事でライバルは簡単に現れるという事。

しかしこれから通販など配送需要は高まるので
仕事が無くなるというのも考えにくいと思います。

次の記事で開業手続きについて触れてみます。