軽貨物運送業で業務委託を検討してみる

再就職先の若い人から「遅いぞじじい」と言われたくない

haizet

多くの中高年の方が再就職先で悩んでいるという新聞記事
を読んだ事があります。

条件や企業カラーにもよるのでしょうが今までの職種や
業種と異なる企業に勤めた時にそういった問題が発生
している様子で退職に追い込まれるケースの少なくない
といった内容でした。

あなたはどうでしょうか?

例えば営業職の仕事から倉庫管理の会社に転職した時
を想像してみてください。

当然、仕事は解りませんし要領も悪いはずです。上司が
20歳代の人だったら「遅いぞジジイ」と叱責を受ける事
が想像出来ませんか?

20歳代ではまだ人生の苦労も知らないのでこちら側に
対する思いやりも欠けている可能性もありますし血気
盛んですから仕事に対する情熱も熱いと思われます。

そんな相手がいる戦場に行く事は今までの人生は何であった
のかと悩んでしまうかもしれませんね。

良い職場に恵まれれば良いですけど最悪のケースも
考えておかなければなりません。
そう再々就職先を見つける羽目に・・・。

私はいくつかの企業に面接をしていただいて感じた
事ですが「成果を出すのは今までの経験があるので
当たり前」的な言葉です。

成果を出したら昇給します、成果を出したらチャンスを
与えます的な言葉を何度か聞かされました。

私は強い性格でもないので「まずはその職場に慣れる事」
という考えがあり現場を改善するなどと大それた考えは
持ち合わせていなかったので正直に言えばそういった
成果を出さなければという脅迫めいた言葉に自信を失った
というのが心境であったと思います。

そうした経験もあり自営業という選択にしたという
経緯もあるという事です。