業務委託という選択を検討してみる

サラリーマン以外にも目を向けることで転職の幅が広がります。

haizet

現在の中高年の再就職の厳しさは半端でなく厳しい。
就職先がないのかと言うとそうでもないのだが自分の
理想とする最低ラインの月収や年収を探すと本当に難しい。

中高年という定義は難しいのですが求人誌やサイトを
眺めていると35歳を境に求人数の差が出ている、そうした
事を鑑みると仕事探しの上では36歳から中高年と呼んでも
良いのかもしれません。

いやいや40歳から中年でしょ・・・と苛立つ人もいらっしゃる
かもしれませんがリストラや早期退職勧告を受けたという人は
30歳代にも多く存在しますのでその辺りとしておきましょうか。

さてこのサイトにご訪問いただいたという事は現在仕事を探して
いらっしゃるのか、将来的に検討していらっしゃる人が多いのでは
ないでしょうか。

手に職がある方は会社員での転職も仕事があるでしょうが資格も特に
持っておらず、やりたい事もない、でも無職では困る、収入が
必要といった方々もいらっしゃるのではないでしょうか?。

現に私がそうでした、長年勤めていた会社が傾き早期退職の勧告
を受けて「これからどうしようか・・・?」と考えたものです。

在籍中に再就職先を探し面接に行きサラリーマンとして生きて
いる自分しか想像もつきませんでした、見つけても年収は半減、
希望の職種にもつけず路頭に迷っていたのが正直なところです。

しかし縁あって軽配送という仕事を見つけ暗い長いトンネルから
脱する事が出来ました。
脱するといっても大金を手にしたわけではありませんし、これからも
安定しているのかと言われると自信はありませんけれど・・・。

ですが、一つの生き方のスタイルだなというのは実感しておりますし
今現在は安定した収入を得ているのは確かです、肩書きも役職も
ありませんがストレスは会社員時代より半減したというのも事実では
あります。

ですから私の記事を読んでいただき自分にも出来ると
お考えであればぜひこの仕事を選んでいただきたいと
思っております。

様々なメリット、デメリットをご紹介していきますので
許せる部分と許容範囲な部分はご自分で判断していただき
ぜひあなたも長い暗いトンネルから脱していただきたいと
このサイトを書き上げた次第です。